テレビや雑誌の情報を調べてみた&試してみた

テレビなどでやっていた情報をシェアしたり、実際にやってみたりして感想を書いています^^

100%アピールちゃん CoCo壱の最も美味しいあいがけを決定!

前回の「100%アピールちゃん」では

1年で360食もカレーを食べる歌舞伎俳優尾上右近さんの

あいがけカレー対決企画第3弾を放送していました!

 

 

ココ壱のカレーに

レトルトやアイスをあいがけしたものが登場

どれも美味しそうです

 

 

対決相手は

音楽界のカレー番長・ホフディランの「小宮山雄飛」さん

 

 

今回は

片方のカレーを固定し

何をあいがけるかの3本勝負です

 

 

まずは楽天のご当地レトルトカレー1位のこちら

 

 


 

ゴーゴーカレー」(中辛・2食入り 570円)

金沢カレーの火付け役です

 

ゴーゴーカレー

ドロッとした甘いルーが特徴なので

その甘さの活かし方が勝敗のポイントとなりそうです

 

 

先行は右近さん

選んだレトルトは「エチオピア ビーフカリー」390円

カレーの激戦区 神田神保町の名店です

 


 

さらにご飯の下には

エチオピアの付け合わせにあるポテトのようなポテトサラダと

ゴーゴーカレーの付け合わせのキャベツを入れて

お店へのリスペクトを表現したそうです

 

出演者の方たちからの評判は上々でした

 

 

小宮山さんが選んだのは

「東洋軒ブラックカレー」1080円

1889年創業の西洋料理のパイオニアです

 

どちらも黒いカレーです

 

この勝負は小宮山さんの勝ちでした!

 

 

次のカレーは、江崎グリコの「LEE」

レトルト界ではいち早く激辛を出したブランドです

 


 

 

今回の先行は小宮山さん

選んだのは

「LEE ガーリックキーマカレー 辛さ12倍」270円

40種類以上のスパイスとガーリックが入った

同じくLEEの激辛カレーです

 


 

さらにトッピングで「Cheeza」

砕いてご飯にのせ

食感と味を良くします

 


 

そのうえさらに「アイスの実 濃いアーモンドミルク」

コクと甘みが足されて美味しくなります

高級感のある味になるそうですよ

 


 

ラッシーやヨーグルトがあるように

カレーと乳製品の相性は抜群だそうです

 

 

後攻の右近さんが選んだのは

カンボジアチキンカリー」648円

池袋にある中華料理店「味楽来」のカレーです

町中華なのに

カレーマニアが全国から殺到する本格エスニックカレーだそうです

 

辛いカレー同士を組み合わせたあいがけです

これも合うそうですよ~

 

 

この勝負は右近さんの勝ち!

やりましたね~

 

 

最後の勝負は

CoCo壱番屋のカレー

万人の口に合う、クセの無いシンプルなカレーです

 


 

 

先行は小宮山さん

「3辛1甘+納豆トッピング」759円

これにあいがけをします

 

 

ちなみに「甘」は

甘いソースのこと

はちみつなどを使ったソースを入れることができるそうです

 

 

あいがけするのは

ERICK SOUTHの「ラッサム」

八重洲にあるスパイスカレーの名店です

 

ラッサムは

インドでは定番の菜食カレー

スープのようにサラサラで

インドのお味噌汁ともいわれています

 

納豆カレーと合わせて

納豆定食のようなカレーが出来上がっていました

 

 

 

後攻の右近さんは

「チーズカレー2辛+半熟卵トッピング」852円

これにあいがけするのは

原了郭「黒七味カレー」594円

京都を代表する七味の老舗のカレーです

 


 

 

このあいがけ

とても美味しいそうですが

ちょっと安全すぎる、との評

しかし勝ったのは右近さんでした!

日本人好みのカレーですね

 

 

 

今回の勝負

実は東京大学の大学院でスパイスの研究を行い

現在スパイスショップを経営されている

「印度カリー子」さんの助言のもと

右近さんは勝負していたみたいです

 

印度カリー子さん

世界を変える30歳未満の30人にも選ばれたそうですよ!

すごい人ですね

 

 

印度カリー子さんのアシストがあったため

完全勝利とは言えない、と言われてしまった右近さんです(;´Д`)

【初耳学】お金と時間を得する!人気企業の公式アプリ

前回の「初耳学」の「初耳トレンディ」では

ますます便利になっている

人気の企業の公式アプリを特集していました

 

 

まずはローソンの公式アプリ

 


 

購入したい商品が決まったら

アプリを起動してバーコードを読み取ります

これだけで

スマホ決済で会計が終了!

 

買い物終了後は

退店手続き用のQRコードが表示されるので

それを出口の機械でスキャンして完了です

 

レジに並ぶこともなく

とてもスムーズに買い物できますね!

 

 

お次は「スシロー」

なんとスシローの累計ダウンロード数は2500万件以上!

日本人の5人に1人がダウンロードしていることになります

なぜこんなに人気なのでしょう?

 


 

 

以前は順番待ちで大行列ができていましたが

公式アプリでは最大1か月前から席の予約が可能です

そのため、並ばずに食事をすることができるようになりました

 

 

さらにアプリでポイントを貯めると

「感謝まいど盛り」という

2人前以上もあるようなお寿司の盛り合わせが無料でもらえます

こちらはお持ち帰り不可

お寿司の内容もそのときによって違うそうです

 

 

さらに、お持ち帰りでもとても便利な機能が!

 

お店が混んでいると

アプリで持ち帰りの予約をしても

長時間待つことがありましたが

今はお持ち帰り専用のロッカーを設置したことで

会計や受け渡しがセルフになって

待ち時間ゼロで受け取ることができるようになりました

 

 

このロッカーは

お寿司・唐揚げ・ポテトなど

それぞれの食べ物に合わせた温度に調節が可能なので

美味しい状態で受け取れるそうですよ~

 

 

次は「東急ハンズ

こちらもすごいです

 


 

 

家の汚れや

ものの修理などで

何を買ったらいいか分からない時に

東急ハンズのアプリでは

店員さんとビデオ通話で相談することができるそうです

 

実際に使いたい箇所を店員さんに見せながら聞くことで

商品をおすすめしてもらえて

さらにおすすめしてもらった商品を取り置きしてもらうこともできます

これは便利ですね!

 

 

 

次のお店はリサイクルショップ「HARDOFF」

 

 

不用品を売るときに

希望の額にならなかったり

買い取ってもらえない場合もありますよね

 

そのような悩みを解消できるのがこのアプリの

売りたいものを写真に撮って送り

買取価格を教えてくれる機能です!

 

 

写真や型番、傷の有無、使用年数などを記入して送信すると

なんと全国600店舗のHARD OFFから買い取りのオファーが届きます!

そのなかで自分が良いなと思うお店に売ることができるという

オークションのような形式になっています

 

 

しかも集荷にもきてくれるので

郵送の手間も省けますよ

 

 

出演者の方がおすすめしていたのは

マツモトキヨシ」のアプリ

 

買い物に行く前にルーレットをまわすと

最大15%オフのクーポンがもらえます

1日に2回チャレンジできるそうですよ!

 

 

 

本当に便利な機能がたくさんあるんですね!

知ることでお得に暮らせるようになりそうです(´▽`)

【博士ちゃん】子ども博士の夢 実現しちゃったSP

前回の「博士ちゃん」

 

5月7日は

1888年日本初の博士号が

文部省より授与された日ということで

「博士の日」なのだそうです

 

物理学者の山川健次郎

数学者の菊池大麓が授与されています

 

「こどもの日」と「博士の日」を記念したSPでした!

 

 

最初の博士ちゃんは

1000台を研究した「重機博士(9歳)」

実家が植物の苗を扱う会社をしているため

幼いころから重機に囲まれて育ったそうです

 


 

あまり知られていない特殊な重機が特に好きなのだそうです

 

この博士ちゃんの叶えたい夢は

「最新ロボット型重機を操縦したい!」

製造した会社にお願いしたところ

見せてもらえることになりました!

 

ロボット型重機の会社は

滋賀県草津市にある「人機一体」さん

 

こちらで見せてもらったのが

ロボット型重機「零式人機 ver2.0」

f:id:naruhodojoho:20220509141429j:image

 

 

 

クレーンの先端にドッキングした人型のロボットが

2本の腕を使って人の代わりに高所作業するんだそうです

 

この重機を9歳の博士ちゃんが私有地で操縦しました!

夢の実現です

 

 

この重機は、なるべく簡単に操縦できるようになっていて

オペレーターは

ロボットの目線映像を見ながらハンドル操作をするそうです

まるでガンダムエヴァンゲリオンの世界ですね!

10分の練習で

簡単な操作ができるようになりました

 

 

2つの腕があることで

人が作業しにくい高所でも

作業が可能になるので

高層ビルの建設などでの活躍が期待されているそうです

 

 

 

2人目の博士ちゃんは「昭和歌謡博士(12歳)」

これまで500曲以上の昭和歌謡を聞きこんできたそうです

 

 

実現したい夢は「黒柳徹子さんに紅白伝説会の話を聞きたい」

 

第9回の「NHK紅白歌合戦」は

裏番組でも歌番組をやっていたので

大物歌手が入れ替わりの大移動をしていたそうなのです

歴史に残るバタバタの生放送だったとか

 

 

その時の司会は

当時最年少で紅白司会に抜擢された黒柳徹子さん

当時の映像も何も残っていないので

徹子さんに直接聞いてみたいのだそうです

 

徹子さん、快諾してくださったとのことで

対面が実現しました

 

徹子の部屋のセットで、夢の初対面!

 

 

第9回「紅白歌合戦」は

唯一「新宿コマ劇場」で行われた紅白だったそうです

歌手の方が出ていたほかのテレビ局などから遠かったため

パトカー先導で大渋滞の中を移動してきたそうです

 

まだテレビがそこまで普及していなかった時代なので

歌手の方の顔が分からず

お名前で案内できないこともあったそう

 

掛け持ちで人が到着していないときには

次に歌う歌手の方が誰もいない、なんてことも(゚Д゚;)

順番どおりには全然いかなかったようです

 

 

大変な紅白を乗り切った徹子さんは

その後も6度の司会を務め

ザ・ベストテン」の司会も務められました

 

 

そして博士ちゃんが聞きたかったのは

「徹子さんが今まで聞いた中で一番上手だった歌手」

 

徹子さんのお答えは「美空ひばりさん」

「悲しい酒」がお好きだそうです

 


 

 

そして、「徹子の部屋」のテーマソングには

歌詞がついていることも判明!

 

最後に徹子さんは、日本中の博士ちゃんに

「好奇心をもって

好きなことを追い求めることはスゴクいい」

とメッセージを送っていました

 

 

3人目の博士ちゃんは「ドッグショー博士(14歳)」

世界中の珍しい犬に詳しい博士ちゃんです

日本に1,000人しかいない

ドック博士検定に12歳で合格しています

 

 

この博士ちゃんの叶えたい夢は

「日本で1頭しかいない子モンドールに会いたい」

会ってシャンプーをしたいのだそうです

 


 

モンドール

ハンガリーが原産の牧羊犬で

特徴的な長くて太い毛の手入れが大変なことから

家庭で飼うことが難しく

日本に1頭しかいないと言われている激レア犬だそうです

 

 

ドッグランで

博士ちゃんはコモンドールと対面することができました!

 

とても大きな犬なので

浴槽でシャンプーをします

 

 

モンドールの毛は油分が多いため

水をはじいてしまいます

そのためシャンプーのときには

毛の一束一束を揉んで洗っていきます

 

 

普段毛で隠れていて見えない顔は

つぶらな瞳と長いお鼻でしたよ

 

 

 

最後の博士ちゃんは「セロハンテープ工作博士(12歳)」

セロハンテープを丸めて形を作り

カラーペンなどで色を付けて作ります

 

これまで作った作品は2000点以上!

 

そんな博士ちゃんの叶えたい夢は

「日本唯一のプロ作品が見たい」

 

 

日本で唯一のセロテープアート作家の「瀬畑亮」さん

セロテープで作ったアート作品を売ったり

展覧会を開いたりしているプロ作家さんです

 

 

瀬畑さんにお願いしたところ

快諾してくださったそうです!

 

 

瀬畑さんのアトリエで見せていただいた作品は

セロテープで作ったとは思えないような作品ばかり

 

まずセロテープを巻いて固めて成形し

その上から、1枚1枚丁寧に重ねて成形していきます

そうすると、柔らかい曲線が表現されるといいます

 

さらに色を付けるのは特注のカラーセロテープのみ

淡い色で温かい色になるそうです

f:id:naruhodojoho:20220509141459j:image

 

 

博士ちゃんが見たかったのは

「ローリングスカルプチャー」

巻く彫刻、という意味だそうです

 

 

モチーフのない抽象的な作品で

見る人によって

違うものに見えるのだとか

 

 

瀬畑さんの作った

「ローリングスカルプチャー.28」

材料はセロテープのみで

長さは約2メートル、重さは約100キロです

完成までにかかった期間は4年!

f:id:naruhodojoho:20220509141531j:image

 

セロテープならではの光沢も美しいです

 

 

瀬畑さん曰く

何も考えずに作り始めるのだそうです

手が動くままに巻いていくと

ある程度の段階で急にスイッチが入って見えてくるものがあるそうです

 

 

作品が勝手に生まれてくる、のだとか

 

 

博士ちゃんにも

とても貴重な体験になったようですね!